離婚回避sos夫向けの極秘バイブル

離婚回避sos夫向けの極秘バイブル

<PR>

離婚回避sos夫向けの極秘バイブル
僕が離婚を回避した教材
これで夫婦関係を修復できました

 

 

「離婚を回避して、妻ともう一度やり直したい…!」

 

あなたがこうお望みなら、他のどんなページよりもこの記事の内容が最短で離婚回避に役立つことでしょう。

 

 

かつて妻から離婚を言い渡された僕(47)が離婚を回避した経験を元にお話ししますね。

 

きっかけや経緯をダラダラ書くのは本筋ではないので割愛しますが、僕のモラハラが原因で離婚の危機に陥りました。
(今思えば当時の僕は本当にクズな奴でした)

 

妻から「あなたのモラハラが耐えられない!離婚して!」と言われたとき、僕なりの誠意で心の底から謝罪したし猛反省もしたつもりです。

 

 

でも、今だからわかるのですがそれは妻の望むそれとは全く検討違いの謝罪と反省だったのです…(ここについては後で詳しく書きます)

 

妻は許してくれるどころかますます激昂し、ついには妻から離婚届を突きつけられました。

 

 

焦った僕はどうにか妻の気持ちを変えて離婚を回避するために、ネットで色々な情報を探しては実行しました。

 

土下座をして反省の態度を見せる
ハートを多用したLINEを送る
時には泣いてすがったことも…
許してもらえずに逆ギレ(汗)

(最後のは言うまでもなく一番ダメなやつです)

 

ところが、です。

 

やればやるほど、妻の態度はどんどん冷たくなるいっぽうでした。

 

 

あなたも経験があるかもしれませんが、人間て怒ってるよりも冷静な方が怖いです…

 

怒りの感情で言う「離婚して!」より、冷静な「離婚しましょう…」の方がヤバく事態は最悪です。

 

そして僕はまさにその最悪な段階まで行ってしまったのですが、そんなとき、僕と同じように離婚寸前まで行った方が「離婚したくない場合の奥の手です!」とブログで紹介していたあるマニュアルを知ったんです。

 

 

その離婚回避マニュアルは有料の電子書籍?というかPDFなんですけどそんなの、正直めちゃくちゃ怪しいじゃないですか汗

 

普段の僕なら確実にスルーしているところですが、事態は離婚待ったなしという状態。ワラにもすがる思いでそのマニュアルを手に入れました。(※マニュアルの名誉のために書いておくと、実際は怪しいどころかかなりしっかりと作られた教材です)

 

そしてマニュアルに書かれている内容を3週間くらい実践した頃…あれほど態度を硬化させていた妻から、

 

「あなたの本気は伝わった。今はまだ信じられなけどもう一度だけチャンスをあげる」

 

と言ってもらえたんです…!

 

自分なりにネットで調べたやり方では全然ダメだったのに一体どうして…??

 

 

僕の謝罪と反省はなぜ逆効果だった?

 

 

「男は火星から、女は金星からやってきた」という言葉を聞いたことはありますか?

 

 

男性は火星から来て女性は金星から来た、つまり男女の脳や考え方は別の星の生き物ぐらいの違いがあるんだよということなのですが、

 

モラハラ思考だった僕は男女の脳の違いの重大さを知らなかったために、今思えば完全に男性脳としての謝罪であり反省の態度でした。

 

これでは妻に許されるどころか怒りの炎に油を注ぎまくり、挙句離婚を突きつけられるのは当然の成り行きです。

 

実際妻はその時よく、

 

「あなたは何にもわかっていない」

 

とため息まじりに言っていましたが、正確には

 

「あなたは"女性の気持ち"を何もわかっていない
という事だと今ならハッキリわかります。

 

 

そう…金星人(女性)の気持ちは火星人(男性)にはわからないんです。

 

だからこそ、金星人による金星人の理解書が必須なのでした。

 

そして僕が離婚回避できたマニュアルこそが女性の心理カウンセラーによって書かれた唯一無二の教材だったのです。

 

\離婚回避sos!夫向けの極秘バイブル/

↓僕が離婚を回避できたマニュアル↓

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

 

 

 

女性が書いた、離婚したくない夫のための離婚回避マニュアル

 

 

この離婚回避マニュアルは現役心理カウンセラーの「ゆり」さんという方が作られたもので、離婚回避の大全集か!というくらい膨大なコンテンツが網羅されています。

 

 

全10章からなるマニュアルのもくじを一部引用すると…

第1章 浮気が原因で離婚危機の場合
・妻が怒っている本当の理由とは?
・妻が嫌悪するのは浮気の向こうにあるあなたの考え方
・妻は一生苦しみ続ける
・浮気の罪を償い離婚回避する方法とは?
・離婚回避のために絶対やってはいけないNG例

 

第2章 モラハラが原因で離婚危機の場合
・モラハラ行為をしてしまう理由とは?
・モラハラをされたパートナーの絶望
・モラハラが理由の時の離婚回避方法

 

第3章 妻と心を開き話し合う方法
・あなたとパートナーの「見ているもの」は違う
・「つもり」の積み重ねが招く夫婦の溝
・離婚回避の鍵は非言語的コミュニケーション
・パートナーの「癖」を知ることで深まるコミュニケーション
・妻の言葉に耳を澄まそう

 



 

(合計215ページ)

 

と、盛りだくさんの内容で10章構成となっています。

 

僕のケースはモラハラが原因だったので第2章が該当しますが、じゃあ第1章の浮気原因は必要ないかというと全然そんなことはありません。

 

すべての章に女性特有の思考の癖やパターンを拾うヒントが散りばめられています。一見無関係に思われる項目であっても全て熟読してみると無駄な情報はひとつもないことを実感されることでしょう。

 

 

一番衝撃だったのは「ごめんなさい」が絶対的NGワードだったということです。

 

これを知ったとき「あ、俺これがなかったら確実に離婚だったわ」と確信しました(汗)

 

他にも、心理のプロの女性が書かれているだけあってリアルな女性の心理と離婚回避のためのすべての答えが詰まっています。

 

マニュアルの販売ページには、このマニュアルを実践した多くの夫の感想と口コミも多数掲載されているので実際に離婚を回避した人の体験談を読むだけでもかなり参考になりますよ。

 

\離婚回避sos!夫向けの極秘バイブル/

↓離婚回避できた夫の体験談を読む↓

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

 

 

■妻にバレずにマニュアルを手に入れるには…
このマニュアルPDFはダウンロード形式での販売となっています。あなたのPCやスマホに入れれば、奥様にバレずにこっそり読めるのでご安心くださいね。

 

おわりに

 

 

今でこそ妻と再構築できましたが(お恥ずかしい話、付き合いたての頃のような愛に満ちた毎日を過ごせています)、このマニュアルを知らずにいたら僕はほぼ確実に離婚されており、可愛い娘とも離れ離れになっていたことでしょう。

 

 

離婚ギリギリのところから生還した僕から生意気ながらひとつだけアドバイスさせて頂くとしたら…。

 

とにかく真摯な気持ち、今までのあなたから生まれ変わるくらいの気持ちで教材を手にして欲しいです。
(特にモラハラ気質の人は無自覚パターンが多いので、マニュアルによる客観的な視点が必要です)。

 

女性は一旦覚悟したら気持ちの切り替えが恐ろしく早いです(汗) 焦る気持ちからネットに転がっている無責任な情報を探している時間はありません。

 

もしあなたが奥様との離婚を回避したいと心から願うなら今すぐに手に入れて1秒でも早く実践してください!

 

あなたと奥様の未来が幸せに満ちたものでありますように。陰ながら僕も応援しています…!

 

 

\離婚回避sos!夫向けの極秘バイブル/

↓僕が離婚を回避できたマニュアル↓

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モラハラ夫が離婚を回避するために必要な行動
モラハラ行為によってパートナーを傷つけ、関係を破綻させてしまった場合、離婚を回避することは容易ではありません。しかし、真摯な反省と努力によって、関係修復の可能性を探ることは可能です。

 

1. モラハラ行為の自覚と反省

 

まず、自分がモラハラを行っていたことを認め、深く反省することが重要です。パートナーの言葉や態度を客観的に振り返り、自身の言動が相手にどのような影響を与えていたのか理解する必要があります。

 

2. 専門家のサポートを受ける

 

モラハラ行為は根深い問題であり、自力での克服は困難です。カウンセラーやセラピストなどの専門家に相談し、自身の行動パターンや心理状態を分析してもらいましょう。専門家による指導を受けることで、モラハラ行為の再発防止に繋げることができます。

 

3. パートナーへの謝罪と信頼回復

 

パートナーに対しては、誠意を持って謝罪する必要があります。単に「ごめんなさい」と口頭で伝えるだけでなく、具体的な行動で信頼回復に努めることが重要です。

 

モラハラ行為の内容を具体的に説明し、反省していることを伝える
パートナーの気持ちを理解し、共感する
今後モラハラ行為を絶対に繰り返さないことを誓う
パートナーが望む変化を実践する
4. 夫婦関係の改善

 

モラハラ行為が原因で、夫婦関係は深刻なダメージを受けています。関係修復には、時間と忍耐が必要です。

 

パートナーと積極的にコミュニケーションを取る
相手の意見に耳を傾け、尊重する
共通の趣味や目標を見つけて、一緒に取り組む
感謝の気持ちを伝え、相手を大切にする
5. 再発防止策の構築

 

モラハラ行為の再発を防ぐために、具体的な対策を講じる必要があります。

 

怒りの感情をコントロールする方法を学ぶ
ストレス解消方法を見つける
コミュニケーションスキルの向上を目指す
定期的に専門家に相談する
離婚回避は容易ではない

 

上記の行動を実践しても、パートナーが離婚を望む場合、離婚を回避することはできないかもしれません。しかし、真摯な姿勢で取り組み、関係修復に努力することで、関係改善の可能性は生まれます。モラハラ行為は決して許されるものではありませんが、反省と努力によって過ちを償い、新たな関係を築き上げていくことは可能です。

 

注意点

 

モラハラ行為はDVの一種であり、違法行為です。
パートナーに危害を加える可能性がある場合は、速やかに専門機関に相談してください。
モラハラ行為の被害者は、一人で抱え込まず、周囲に助けを求めることが大切です。

トップへ戻る